イベント案内

砺波市民謡民舞協会 > 活動レポート

第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』

令和4年11月03日(木)

第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第50回砺波市文化祭 『民謡の世界』
砺波市文化会館 大ホール

さわやかな、秋晴れ。
今年の砺波市文化祭『民謡の世界』は、まだまだコロナ
感染予防の必要はありましたが、人数制限無しの開催。祝
今年は、砺波市文化協会創立50年という大きな節目の年で
もあり『民謡の世界』の中に記念式典を織り込んでの開催
となりました。

オープニングは義正会の「砺波音頭」にて幕開け。
第1部は、秋田大黒舞・宇和島さんさ・三階節・長崎ぶら
ぶら節、花笠音頭など、全国の民謡が唄と踊りで披露され
ました。

途中、砺波市文化協会創立50年記念式典が行われ、砺波市
文化協会会長の式辞があり、来賓の皆様からの祝辞もいた
だきました。また安城文化協会への特別表彰もありました。

第3部には、はるばるお越しいただいた愛知県・安城民よう
保存会30余名の皆様による、安城地方の民謡、日本デンマ
ーク節・吉良小唄・岡崎五万石・西尾節・安城甚句・安城
七夕音頭の計6曲が、披露されました。
(安城の皆様、本当にありがとうございました(#^.^#))

第4部は再び全国の民謡。
第5部に富山の民謡で締めくくった後は、いよいよ特別
ゲスト「二代目浅野梅若社中一行」によるステージ。
二代目浅野梅若、尺八梅若梅貢、三味線梅若鵬修ご家族
2021民謡日本一浅野沙樹、ミスターよしゃれこと
山上衛氏による、華のある舞台が繰り広げられました。
本場秋田の方々の唄・演奏・踊りの切れは、流石!と
唸るばかり。途中、ちょっぴりお笑い要素もある
楽しくて素晴らしい舞台でした。

発表終了後は、砺波市文化協会50周年記念の懇親会が行
われ、文化協会員・民謡民舞協会・安城の皆様・二代目
浅野梅若社中の皆さま方と、楽しい時間を過ごすことが
出来ました。
                                                          (斉藤 記)

第41回 豊晧会おさらい会 『民踊の四季』

令和4年06月19日(日)

第41回 豊晧会おさらい会 『民踊の四季』
 チャリティー『民踊の四季』が砺波市文化会館大ホールにて開催されました。秋田県民謡の秋田大黒舞で幕を開け、11の教室から約130人が出演しました。
 昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大の為、会場にお越しの皆様そして私達出演者もマスクの着用やアルコール消毒を徹底し、感染防止に努めました。また、曲目を絞り時間短縮をはかりました。
 会員は百歳まで踊ろうと楽しく練習に励んでいます。本日は3歳のお子さんから年を重ねた80歳代の方まで多くの会員が日頃の成果を発揮しました。趣向を凝らした舞台に会場から、惜しみない拍手が送られました。
 賛助出演には、となみ昇栄会、となみ野民遊会が出演し、舞台に華を添えました。
 チャリティー募金は、私達参加者と当日会場にお越しの皆様のご厚意によるもので、今回で19回目となりました。寄せられた募金は、亀ヶ谷会長が砺波市社会福祉協議会に届けました。
 皆様、ありがとうございました。
                            生徒記

第2回 しほ美会 舞踊発表会

令和4年06月12日(日)

第2回 しほ美会 舞踊発表会
 令和4年の梅雨入りした6月12日。しほ美会の第2回 舞踊発表会を晴れやかな拍手に包まれ、無事終えることができました。
 会主のあいさつが終わり、お客様の見送りのために玄関口に出ると、かけ寄る大勢の方々からねぎらいの言葉をいただきました。
 足をお運びいただきました皆様方には、感謝感謝でいっぱいです。心よりお礼を申し上げます。
 さて、しほ美会は、いろは楓・ひまわり・かすみ・さくら・となみイオンの5教室から成り立っていますが、習い始めてから8ヶ月という教室もあり真剣そのものでした。
 指導して下さるのは菊池外喜子先生。この先生あってこその発表会でした。
 この生徒さんにはどんな曲?。いろんな角度から考えぬいて下さいました。
 大変だったのはプログラム作り。総人数が少ないので一人が何回も舞台に立つことになります。衣装の着替えのことを抜きにしては考えられません。
 「静かな夜中にゆっくりと楽しみながら作りましたよ」とかろやかな口調でかえってきます。先生自身の練習時間も欲しいのに。
 おかげで私たちは何の心配もなく練習に専念することができました。先生の指導のほかに毎日やらねばみんなの心が一つにならぬ!!
と一時期は毎日毎日練習を重ねました。細かい視線で互いに直し合うことができ、少しは高まりにつながったと思います。
 一部と二部の最後を飾って下さるのは会主の舞踊。途中で何度も拍手が・・・
 しほ美会という会の名づけ親である先生自身がその名にふさわしい「志を保つ」心の持ち主です。
 菊池先生!私たちのよい思い出づくり、本当にありがとうございました。

                            生徒記
 

能登麦屋節全国大会

令和4年05月29日(日)

能登麦屋節全国大会
石川県、輪島市文化会館にて行われた、能登麦屋節全国大会。

義正会からエントリーされた4人の皆さんが、全員入賞するという素晴らしい成績をおさめられました。

一般の部では今井千会さんが優秀賞。平野知香さんが努力賞。

少年・少女の部では平野絢楓さんが最優秀賞。今井心美さんが奨励賞を受賞されました。

ようやくコロナ禍で自粛されていた全国大会の開催やエントリーも、少しづつ動き出して来ましたね。入賞された皆さん、おめでとうございました。

(写真は中日新聞さんのWeb新聞を拝借しております。)

となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」

令和4年04月29日(金)

となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」
となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」
となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」
となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」
となみチューリップフェア2022「越中民謡の調べ」
新型コロナウイルスを巡る行動制限が緩和された今年のゴールデンウィーク。「となみチューリップフェア」が賑やかに開催されました。
 寒空の下ではありましたが「越中民謡の調べ」もお客様にお届けすることができました。

 砺波の民謡「チューリップ囃子」「チューリップ乙女」「えんじゃら節」。富山県の代表曲「こきりこ節」「越中おわら節」など全8曲を唄と踊りで披露いたしました。

 全ての演目が終わるのを待っていたかのように雨が降りだしほっと胸をなでおろしました。来年こそ晴天の下でたくさんの方にお楽しみいただきたいと思いました。        


                                                       (神林 記)

Copyright(c) Tonami Minyo Minbu Association All Rights Reserved.