イベント案内

砺波市民謡民舞協会 > 活動レポート

第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会

令和2年11月29日(日)

第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会
第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会
第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会
第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会
第24回 高岡城峰会・となみ昇栄会 合同おさらい会
 第24回おさらい会を、高岡市戸出コミュニティセンターに於いて、高岡城峰会さんと合同で開催いたしました。
 今年春からの新型コロナウィルス感染症の大流行により開催が危ぶまれましたが、会員みんなで集まっての年に一度の発表の場でもあり、感染対策をしっかり実施した上で開催することができました。
 今年の初舞台となる会員も多く、久しぶりに揃いの着物をまとい、緊張と楽しみで鼓動が高まるなか開演となりました。
 まず初めに南砺市が誇る「こきりこ節」で声高らかに幕を開け、続いて元気よく「ソーラン節」、しっとりと「越中おわら節」、「木更津甚句」の弾き語りなど、一年間の稽古の成果を思う存分発揮いたしました。
 緊張しすぎて間違えたり、飛ばしてしまったりはご愛敬。
 終盤では、東京で活躍されている小町俊太郎さんの迫力ある津軽曲弾き、みずほ会さんと越乃民謡会さんの友情出演で華を添えていただき、おさらい会ならではの和やかな雰囲気の中で楽しく時間は流れました。
 先にも触れましたが、今年はコロナ対策の影響もあり少し寂しさを感じましたが、来年はきっと、これまでどおりの賑やかなおさらい会を開催できると信じて、また明日からお稽古に励みたいと思います。

                        (神林 記)

第48回砺波市文化祭 『民謡の世界』

令和2年11月03日(火)

第48回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第48回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第48回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第48回砺波市文化祭 『民謡の世界』

民謡ファンの皆さま、今年も文化の日は、砺波市民謡民舞協会主催の『民謡の世界』を開催しました。

新型コロナ感染症防止対策をしっかり実施し、砺波市文化会館大ホールは間引き席となりましたが、多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました!


今年は春から行事の延期・中止が多く、またお稽古もお休みとなり、寂しい気持ちのなか、『民謡の世界』が開催できたことは、会員の熱意と、今こそ文化事業の大切さを皆さんにお伝えできたことに、小さな幸せを感じました。


最初は花笠音頭で開幕です。

12の加盟団体がこの日のために、お稽古してきた成果を思う存分舞台で披露されました。


今年は時間短縮で企画コーナーは削除となりしたが、「子供コーナー」を設け、3歳から10歳の大人顔負けの唄を披露し、民謡の未来が明るく見えました。改めて民謡は老若男女問わず、心の唄だと思いました。


『民謡の世界』は、12月中旬ころに、となみ衛星通信テレビで放映されます。是非ともご覧ください。


                                              (松本記)

公開講座「砺波の民謡教室」

令和2年02月29日(土)

公開講座「砺波の民謡教室」
公開講座「砺波の民謡教室」
公開講座「砺波の民謡教室」

『砺波市の民謡により親しんでいただけるように…』という趣旨で、砺波市文化協会主催の公開講座「民謡教室」が開催されました。28日、15日、22日、29日の4回、会場の砺波市文化会館研修室は、参加者のひたむきな姿と、それでいて和気あいあいとした和やかな場面もある教室でした。


今回の講座では、「チューリップ乙女」と「となみ小唄」を習いました。一日の講座の1講目は唄です。お腹から声を出すのは、ちょっと恥ずかしく、とても難しく…。それでも楽しく感じるのは民謡が持つ魅力でしょうか。皆で唄うと心が躍りました。

2講目は三味線です。今回の曲はどちらも難しい曲でしたが、譜を見て先生の手を見て、繰り返し教えていただき、弾けなかったところが弾けたときにはとても嬉しかったです。

3講目は踊りを習いました。自分の両手両足を操るのが難しいと思いましたが、先生の解りやすい指導があり、皆さんと揃って踊れるようになり楽しかったです。手先足先の所作の美しさ…少しは先生に近づけたでしょうか。


例年であれば雪深い2月ですが、暖冬の今年は幸い足元もよく、砺波の民謡に触れる良い機会になりました。

今回の講習会で習った曲は、チューリップフェアで毎年4月29日に開催されるステージイベント『越中民謡の調べ』で毎年披露されています。講座で習ったことで曲のことが分かり、今年のステージが楽しみになりました。


最終日の締めくくりは、講師の先生方と参加者による集大成 三味線 踊りの協演、感動的なフィナーレでした。


教えてくださった先生方、そして一緒に学べた参加者の皆さん、ありがとうございました。機会があれば、是非またご一緒したいです。


                     おだ記

 

高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会

令和元年11月17日(日)

高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会
高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会
高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会
高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会
高岡城峰会・となみ昇栄会 第23回 合同おさらい会

 第23回おさらい会を、高岡城峰会さんと合同で開催いたしました。 毎年開催しているおさらい会では、それぞれの会の会員同士の交流も楽しみの一つです。会場となった砺波市子供歌舞伎曳山会館の舞台裏では、一年ぶりにお会いする方々との楽しい会話が飛び交っていました。


 民謡ファンや友人知人にご来場いただき緊張の高まる中、ソーラン節で威勢よく開演し、午前10時から四時間半にわたって、全国各地の民謡曲53曲を披露しました。ゲストに尺八の西川心山先生をお迎えし、今回はみずほ会さんや越乃民謡会さんの友情出演をいただき、おさらい会に華を添えていただきました。


おさらい会には各々が挑戦する課題を持って臨みますが、さて、日頃の稽古の成果が十分に披露できたでしょうか。今年初めて参加した人も、ちょっと難しい曲に挑戦した人も、本番で緊張しすぎた人も、また来年へ向けての思いを持てた一日となりました。


ステージを終了しお客様を見送った後は、両会員全員での懇親会。話に花が咲き、ステージでは賑やかに民謡が披露されました。緊張がほぐれ、唄や踊りで楽しいひとときとなりました。 


ご来場、ご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。


2020年も楽しく民謡民舞できますように、良い年になりますように、心よりお祈り申し上げます。


おだ記

第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』

令和元年11月03日(日)

第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』
第47回砺波市文化祭 『民謡の世界』

民謡ファンの皆さま、今年も文化の日は、砺波市民謡民舞協会主催の『民謡の世界』を開催しました。

秋晴れの空の下、砺波市文化会館大ホールには、多くのお客様にお越しいただきありがとうございます!


令和時代、最初は帆柱起こし祝唄で開幕です。

14の加盟団体がこの日のために、お稽古してきた成果を思う存分舞台で披露されました。


今年の企画コーナーは、『神話の国をたずねて』と題し、元号が平成から令和にかわったこの期に、日本の成 り立ち歴史に思いをはせ、神興の地「伊勢」と、国生みの地 「出雲」にまつわる民謡を繰り広げました。

平野会長の神話解説を交え、「尾鷲節」「桑名の殿様」「伊勢音頭」「しげさ節」「関の五本松」「隠岐祝い音頭」をつづりました。

改めて、民謡は地域に根差した、日本の心の唄だと思いました。


『民謡の世界』は、12月上旬に、となみ衛星通信テレビで放映されます。是非ともご覧ください。


                                              (松本記)

しほ美会舞踊発表会

令和元年09月08日(日)

しほ美会舞踊発表会
しほ美会舞踊発表会
しほ美会舞踊発表会
しほ美会舞踊発表会
しほ美会舞踊発表会

令和元年98日は「しほ美会」にとって記念すべき日となりました。砺波市文化会館大ホールでの、初めての舞踊発表会。大きな拍手につつまれて、無事終了することが出来ました。

 

指導者である菊池外喜子先生から最初に発表会の話を聞いたときは、「少ない人数で大ホールなの?」とドキッとしました。

 

「やるからには大ホールで!!」

先生はもともと「志を保つ」この言葉が大好きでした。志を高く持ち続け、それに向かって努力する生き方は美しい。その心にあやかって会の名前も「しほ美会」と決めたのです。

 

くよくよ迷っている暇もなく、その人その人にふさわしい内容の練習が始まりました。ポスター、プログラムが出来上がると、ますます熱が入ります。

生徒に教え、自分も舞台に立つ。家族や親族の方にも手助けを願う温かい心配り。先生の頭や体は休まるいとまもなかったと思います。

 

そして迎えた当日。会場に並ぶ沢山の顔・顔・顔。

雰囲気をかもし出す大道具の置かれたステージの幕が開き、素敵な照明の光の中で、その気になって思い切り心の表現をすることが出来ました。

 

スタッフの皆様、ご苦労様でございました。すっきり汗を流して下さい。

そして何よりもお礼を言いたいのは、わざわざ足を運んで観に来て下さいました皆様方です。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

今後も会の名に恥じないよう精進したいと思います。


(的池記)

越中おわら節こどもの部優勝、となみ伝承やぐら大祭

令和元年08月31日(土)

越中おわら節こどもの部優勝、となみ伝承やぐら大祭
越中おわら節こどもの部優勝、となみ伝承やぐら大祭
2019年8月3日(土)に富山県民会館で行われた、越中おわら節全国大会にて、義正会の平野 絢楓さん(9才)がこどもの部で優勝されました。こどもの部は中学3年までの部門なので、小学4年での優勝は大変素晴らしい結果です。8月23日(金)には夏野 修 砺波市長に優勝の報告をされました。大会の優勝も、市長への報告も新聞に大きく取り上げられました。今後のさらなる活躍が期待されます。おめでとうございました!

2019年8月31日(土)
となみ伝承やぐら大祭in砺波駅前広場が開催され、砺波市民謡民舞協会は民謡民舞のコーナーで、盆踊りを披露しました。演目はえんじゃら節とチュ−リップ囃子の2曲。祭りのシンボルのやぐらの周りを踊りました。
他にも子供歌舞伎の浄瑠璃や夜高小行燈の引き回し、和太鼓、お楽しみ抽選会、もち撒きなど、さまざまな催し物がありました。
お客さんは飲食コーナーで美味しい物を買い、テント内のテーブルで味わいながら、沢山の演目を楽しむことが出来て、大変盛り上がっていました。

参加された皆様、お疲れ様でした。

2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園

令和元年08月17日(土)

2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園
2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園
2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園
2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園
2019サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園

サマーフェスティバルin砺波チューリップ公園が盛大に開催されました。

 

台風の影響もなく、夏の日差しが強く差す中、夕方5時から始まった『子どもの砺波民謡コンクール』では、子どもたちが日頃のお稽古の成果を発表してくれました。♪楽しく唄えたかな?♪

 

続いては、砺波市民謡民舞協会の各団体による『ヨイトコ民謡祭り』

踊りあり、唄ありと、三味線と太鼓の音色が公園に響き渡り、日頃は民謡に接する機会のない方にも、お楽しみいただけましたでしょうか?

 

日が沈み、提灯の赤がきれいに映え始めたころ『ふるさと盆おどり』が始まりました。「炭坑節」から始まって、砺波の皆さんにはお馴染みの「チューリップばやし」、庄川五ケ地区で継承されている「五ケ種チョンガレ踊り」、「となみ散居節」「越中おわら節」「えんじゃら節」「となみ音頭」と続きました。

小さな子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、そしてイベントに参加していた恐竜くんまでもが加わって、大きな輪ができました。

皆さん汗びっしょり、笑顔満載で踊っていらっしゃいました。やぐらの上で唄っていた私も、とても楽しい夏の夜を過ごしました。

 

フェスティバル最後のお楽しみ『大抽選会』も盛り上がり、浴衣で参加してもらえたかき氷も美味しかったです。

 

皆さん、来年もまた、一緒に楽しみましょう。

ありがとうございました。       (おだ記)


ふるさと盆おどり…講習会

令和元年08月10日(土)

ふるさと盆おどり…講習会
ふるさと盆おどり…講習会
 8月17日(土)のサマーフェスティバルin砺波チューリップ公園『ふるさと盆おどり』の事前講習会が開催されました。
 講習会は、砺波市文化会館大ホールの舞台上で行われました。連日の猛暑、夜になっても暑さが残っていましたが、空調の効いたホールで講習を受けることができました。
 踊りの先生方と一緒に輪になって踊り、楽しく学ぶことができました。

 8月17日の『ふるさと盆おどり』では、唄と演奏に合わせ、ご一緒に踊りましょう。大きなやぐらを目印にお集まりください!
 浴衣で参加の方には、特典がありますよ!

令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会

令和元年07月20日(土)

令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会
令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会
令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会
令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会
令和元年 砺波市民謡民舞協会 現地研修会

砺波市民謡民舞協会の今年の現地研修会は、長野県須坂市の「カッタカタまつり」を視察に行ってきました。


”カッタカタ”とは明治から昭和初期に掛けて栄えた須坂の製糸業の繰糸機の回る音で、この音を由来とした伝統的な市民祭りが「カッタカタまつり」です。

 2体の荒々しい竜神輿が駆け回り、市民による連の熱気で蔵の町の夏を演出していました。


企業連、学生連、友達連など思い思いの手作り神輿が練り歩いていました。


我々も、一緒に飛び入り連に入り、身をもって祭りを堪能しました。


みなさん、おつかれ様でした。


(松本記)

|<先頭<<前へ [1] 2 3 4 5 次へ>>最後>|

メニュー

えんじゃら節保存会
砺波市 砺波商工会議所 民謡民舞をやってみようという方はこちら

砺波市民謡民舞協会事務局
■事務局長
山本宗幸
TEL 090-5689-8331

Copyright(c) Tonami Minyo Minbu Association All Rights Reserved.